分譲住宅のあれこれ!メリット、デメリットに密着!

分譲住宅のメリットとは

分譲住宅を購入することのメリットとしては、まず、購入する前に住宅の状態を見ることができるという点が挙げられます。分譲住宅はすでに完成している住宅を購入することになるので、これから住む環境を事前に知ることができます。ですから、住宅を建ててから後になって後悔してしまうということがなくなります。次に、費用が比較的安いという点を挙げることができます。分譲住宅の場合は、費用が新たに新築を建てるよりも費用が安い傾向にあり、さらに購入前に必要な費用を事前に把握することもできます。住宅は大きな買い物となりますから、少しでも安く住宅が欲しいという人にとってはあらかじめ予算を立てやすくなり、事前に費用を用意しておくことができます。

分譲住宅のデメリットとは

分譲住宅のデメリットとしては、自分の思い通りの設計で建築ができないという点を挙げることができます。分譲住宅の特徴としては、密集型の大量生産という形で住宅が建築されますから、例えば自分の思い通りの個性的な家にしたいという人にとっては不向きであるということが言えるでしょう。次に、アフターメンテナンスに弱いというデメリットがあります。注文住宅の場合は、アフターメンテナンスについては、しっかりと行ってくれることが多いですが、分譲住宅の場合は売りっぱなしになってしまうこともあります。ですから、家のトラブルを発見した場合でも、すぐにメンテナンスをしてくれるかどうかわからないという点に注意しておく必要があります。

新築一戸建てを一括で購入する事もできます。一括で購入した場合は、住宅ローンを組んだ場合より総支払額が少なくなります。