超重要!間違いない住宅業者の選び方!

住宅展示会でのスタッフの話で選ぼう

住宅業者を選ぶ際は、実際にどのような家を建築しているか住宅展示会に足を運ぶことはとても重要です。住宅展示場ではもちろんその住宅会社が建築している家の工法や金額、デザイン性などをチェックする必要がありますが、やはり扱っている人自体もチェックする必要があります。 例えば、住宅展示場に行って自分の会社の売り上げばかりを宣伝するスタッフだったらあまり良い住宅会社とは言えないでしょう。確かに自分の会社の売り上げは会社にとっては重要ではありますが、家を購入しようとしている人が知りたいのは家の情報です。家の情報を後回しにして自分の会社の宣伝ばかりを繰り返すところはあまり家に関してアピールポイントがないという何よりの証拠です。

大手メーカーと工務店

住宅業者を選ぶ際に悩みの種となるのが大手ハウスメーカーを選ぶか、近くの工務店を選ぶかです。しかし結論から言えば明確にどちらが良いとは言い切れません。両者にはそれぞれメリットとデメリットがあるからです。 大手メーカーは豊富な工法を選ぶことが出来るメリットがありますし、工事の期間も工務店に比べると早いです。ただし宣伝費用を多くかけているので住宅の価格に上乗せされ建物の価格は工務店と比べると高くなりがちです。 工務店の場合は直接やり取りできるのできめ細かなサービスを受けることが出来ますし、意思疎通も確実におこなえます。こちらから職人さんなどを指定することも可能です。ただし工事に関してはマニュアル化されていないため完成までには時間を要することが多いです。

間取り図や周辺地図を参考にするのが、良い分譲住宅を見つけるための基本です。現地を見学する時には、日当たりの良さなどにも注目するべきです。